老人ホーム相談プラザトップページ > 職員ブログ > 七草粥

職員ブログ

2020/01/07

七草粥

せり、なずな、ごきょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。
七草の種類は時代や土地によって異なりますが、1月7日の七草粥を食す風習は江戸時代に遡ります。
早春に芽吹く邪気を払う食材で、無病息災を願いつつ食す風習は日本全国に根付いていますね。

ホームでも1月7日の朝食に七草粥が登場します。
口当たりのよい七草粥は、以外と人気メニューのようです。
下膳されたお茶椀を覗くと皆様完食されており、人気の高さが伺えます。
こういった行事食を楽しまれるひと時は、ホームでのご生活を充実させる大事な要素ですね。

七草粥を食すと、お正月ムードが去り日常が戻ってくる。そんな空気に包まれています。

« 前の記事を見る記事一覧次の記事を見る »