老人ホーム相談プラザトップページ > 職員ブログ > 高齢者の皮膚のお悩み

職員ブログ

2021/01/11

高齢者の皮膚のお悩み

先日、当方の親族が足の痒みを訴えました。
足を見ると赤い湿疹が広範囲に広がり、見るからに痒そうな状態。
どの薬を塗布しているのか尋ねると、大間違いな選択。そこで、まずは保湿をして、弱めのステロイド剤を塗布することを提案。2~3日後に経過を聞くと、赤身も痒みも収まり、本人の表情も穏やかになり一安心となりました。

ここで気になったのが、老人性乾皮症。
高齢者は体内の水分量や免疫力が低下し、どうしても皮膚が乾燥してしまいます。その延長として肌が過敏に反応し、皮膚炎を引き起こしてしまうんですね。
皮膚を乾燥から守るためには、入浴時にゴシゴシと洗いすぎないよう注意し、入浴後は保湿剤をたっぷりと。
過剰な暖房は避け、加湿器を使用するのもいいでしょう。
ついつい手軽な化学繊維の衣類を選びがちですが、肌着は木綿素材を選ぶこともポイントかもしれませんね。

« 前の記事を見る記事一覧次の記事を見る »