老人ホーム相談プラザトップページ > 職員ブログ > バレンタインデー

職員ブログ

2020/02/04

バレンタインデー

世の男性陣には複雑な心境になるらしいバレンタインデー。
女性陣にとっては、誰々にチョコレートを渡すの!なんて甘い話はなく、自分用に買うチョコレートはどこのお店にしようかと贅沢に悩む日々。
あの日が今年もやってきます。

では、ホームにご入居されている方々にとってのバレンタインデーとは?
実際に伺ってみますと、「チョコレートを食べる日」「興味ない」「別に」といったなんとも悲しい反応。
確かに日本でのバレンタインデーの歴史は浅く、イベントが市民権を得たのは昭和40年後半からなんだそうです。そしてイベントを楽しむのは概ね、若者。
ホームにご入居されている方々の平均年齢から割り出すと、チョコレートを渡し合うことが一般化した頃のご年齢は約50~60代。さすがにバレンタインデーに一喜一憂するご年齢ではないのでしょうか。

とは言え、ホームのスタッフ、特に厨房スタッフにとっては重要なイベント。
チョコレートを美味しく楽しく楽しんでいただこうと、あの手この手を使います。
先日、訪れたホームでは、バレンタインデー当日のおやつレクとしてチョコレートマウンテンを行うとのこと。
皆さんの笑顔と歓喜に包まれるだろうなと、想像するだけで楽しみです。

« 前の記事を見る記事一覧次の記事を見る »