1. 老人ホーム相談プラザトップ
  2. お知らせ
  3. 節分に鯨??
2022.02.03
相談員ブログ

節分に鯨??

首都圏では昨今、鯨を食したいと希望してもなかなか口にできない時代となりました。
鯨の竜田揚げが学校給食の定番だったことは、首都圏の現役小学生には驚かれる事実なのかも。

とは言え、現在でも鯨肉を食す地方は多々あります。
山陰地方では節分に「大きなものを食べて邪気を払う」、「大きな幸せを願う」として食す習慣があるそうです。
先人たちの知恵で、余すことなく食す鯨肉。その鯨肉を祈りや願に変える人類の心の豊かさ。
これこそ大きな心持のように感じます。

ちなみに老人ホームでの鯨肉の提供は滅多にありません。
肉独特の臭みや、硬さに合わせた調理方法に難儀する厨房も多いそうです。
それでも昔ながらの食材をホームで楽しんでいただくため、季節を感じていただくため、ホーム側は努力を惜しまず取り組むんですね。
  1. 老人ホーム相談プラザトップ
  2. お知らせ
  3. 節分に鯨??
まずはプロにご相談ください!