1. 老人ホーム相談プラザトップ
  2. 取材レポート
  3. 介護付き有料老人ホーム「アズハイム杉並井草」(株式会社アズパートナーズ)《後編》
2019年08月19日

介護付き有料老人ホーム「アズハイム杉並井草」(株式会社アズパートナーズ)《後編》

ポイントその3:入居者の「夢を叶えるプロジェクト」

 お探し介護ライターが実際に施設へ足を運んで、見て、聞いて、体験して、感じたままを報告する施設訪問レポート。介護付き有料老人ホーム「アズハイム杉並井草」の後編です。



 今回はいつもとは話の流れがちょっと違いまして、まず最初に、“4つのポイント”をいきなりバーン!と打ち出しておいて、以下、それについて順次説明していく、という展開でお送りしている「アズハイム杉並井草」の取材レポート。前編ではポイントその1:「駅近 徒歩10分」(アズハイムでは珍しい!)と、ポイントその2:「リハビリ」、について述べましたので、後編では、ポイントその3:「夢を叶えるプロジェクト」と、ポイントその4「IoT『EGAO link』について。この2つも「アズハイム杉並井草」に限らず、「アズハイム」シリーズ全体のポイントとなりますが、以下、詳しく見ていきましょう。

 ポイントその3:「夢を叶えるプロジェクト」とは、「ご入居者の笑顔をつくりたい」「職員の笑顔をつくりたい」との想いから、「私たち職員と一緒に、ご入居者が夢を叶える」プロジェクト(資料より)です。

 たとえば、ケース1:「自宅で奥様の手料理を食べるプロジェクト」では、御年81歳・要介護3・入居4年半の男性の方が、ご自宅には階段があり、車椅子では困難なので、帰省を諦めていたところへ、ご実家での食事会を提案。ご実家へ帰って奥様の手料理を食べることができるよう、ホームで階段の昇降訓練を行いました。この訓練というのは、当事者よりもむしろ、車椅子を持ち上げて階段を昇降するスタッフのための訓練ですね。

 そして、念願叶ってご実家へ帰省され、奥様の手料理を食べることができた男性の目からは滂沱の涙が。さらに奥様ももらい泣き、といった様子が克明に記録された写真を見せていただいて、こっちまでもらい泣きしそうになりました。皆さんにもその写真をぜひ見ていただきたいんですが、諸事情により今回は残念ながら不可。いずれ機会があれば、御覧いただければと思います。

 ケース2:「お孫様と一緒にお風呂に入るプロジェクト」も、「孫の成長が生きがい」だというご入居者に対し、お孫様のほうでも面会に来られた際に、「一緒にお風呂に入りたい」ということで実施。お孫様とともにホームの浴室での入浴介助を行い、お孫様と一緒にお風呂に入って、じつに楽しそうに、いい顔をされている入居者の写真を見せていただき、こっちまで心が暖まりました。

 他にも、「氷川きよしさんのコンサートに行きたいプロジェクト」、「家に帰りたいプロジェクト」、「観光地等へ行きたいプロジェクト」、「ラーメンが食べたいプロジェクト」、「うなぎが食べたいプロジェクト」などなど、さまざまな入居者の“夢”を叶えてきたプロジェクト。もちろん、可能な範囲で、という条件はつきますが、スタッフが可能である、と判断した暁には、その夢の実現に向け、スタッフが一丸となって頑張ってくれますから、もし、まだ入居を検討中だという方でも、入居されてから叶えたい“夢”がおありなら、事前に相談されてみてはいかがでしょうか。

「アズハイム杉並井草」居室フロアの廊下
2階食堂・機能訓練室
食堂・機能訓練室の大画面テレビ

ポイントその4:IoTシステム「EGAO link」

 最後はポイントその4:IoT「EGAO link」について。「EGAO」とは、E(efficient=効率の良い)、G(Gadget=便利な道具)、A(advance=前進する)、O(opportunity=機会をつくる)の頭文字を合わせた造語、とのことですが、そう言われて、何のことかわかります?

 具体的に説明しますと、①眠りSCAN(パラマウントベッド)、②Vi-nurse(アイホン)、③介護カルテシステム ケアカルテ(富士データシステム)、④ナースコールゲートウェイ(住友電設)、の4つのICT/IoT機器をリンクさせ、スマートフォンで遺体的に活用するシステムのこと。と、資料にありますが、これでもまだよくわからないですよね。

 私も自分で書きながら何のことかよくわかってないのですが、、ここは大事なポイントのようで、いつものように逃げるわけにはいかないので、うまく説明できるかどうか、甚だ心もとないながらもなんとか、もう少し解説してみましょう。

 まずは、「パラマウントベッド」。「アズハイム」シリーズの「パラマウントベッド」は、呼吸状態の24時間モニタリングなど、睡眠のアセスメントが可能、だそうで、睡眠→覚醒→起き上がり→離床の段階に応じてコール通知を個別設定できます。

 そのコール通知を受け取るのが、「Vi-nurse(アイホン)」です。これは各種センサーやカメラ、記録システム、スマホ等との幅広い互換性を持っており、「パラマウントベッド」から送られてきたコールを「介護カルテシステム ケアカルテ」に送ってコール内容を自動記録したり、「ナースコールゲートウェイ」を経由してコール信号をスマホ用信号に切り替えたりします。

 そうして切り替えられたスマホ用信号を、スタッフが各自携帯するスマホで受け取ることにより、スマホ1台で入居者の状態把握・記録入力・コール対応内線(一部外線も)などが一挙に可能、となるそうです。これがつまり、医療介護施設におけるナースコールと、スマホ連携のネットワークシステムの構築、すなわち、「アズハイム」が誇る「EGAO link」、というわけです。理解できました?

 これは別の資料からですが、この「EGAO link」を導入すると、業務効率のアップにより、17時間/日、つまり約2名分の人員削減が可能となり、そのぶん、さらにサービスの向上につながった、といいますから、相当画期的なシステム、なんでしょう。

 この「EGAO link」が、今回取材した、「アズハイム」シリーズの中でも最新の「アズハイム杉並井草」に導入されていることは言うまでもありません。が、町田、大泉学園、横浜東寺尾、横浜上大岡、川越、文京白山、光が丘といった既存のホームにも導入済み。都内6ホームはすべて導入しています。

 そして、市川、市川アネックス、南浦和、三郷、などでも順次導入予定、とのことですから、「EGAO link」の興味のある方は、お近くの「アズハイム」まで、お気軽にお問い合わせください。


ポイントその4:IoTシステム「EGAO link」
1階個浴
ポイントその4:IoTシステム「EGAO link」
1階機械浴
ポイントその4:IoTシステム「EGAO link」
パラマウントベッド

元気なスタッフだからこそ実現できる“やさしい介護”

 あっと、もう1つ、「S-CAPE」という、最新の避難器具を、お客様・スタッフのために導入。何があっても、重度のお客様をスタッフ1人で避難させることができます!という情報もあって、これはポイントの5つ目にしてもいいんじゃないか、という気もしますが、例の資料ではポイント4に含まれていますので、当レポートでも、そういうのもあるよ、ぐらいに留めておきます。これも興味のある方は直接お問い合わせを。

 といったところで、資料をもとに聞いたお話は一旦終了。この後、実際に居室やダイニング、最新式の機械浴室などを案内していただいたのですが、そろそろ文字数も一杯に近づいて参りましたので、あとは写真をご覧いただくとして、最後に施設長から締めのお言葉をいただきましょう。

 その前に、居室の標準装備ぐらいは記しておきましょう。前編で居室はほぼ1タイプ、と申し上げましたが、パンフレットでは一応、Aタイプ(15.15㎡)、Bタイプ((15.12・15.33・15.67㎡)、Cタイプ(15.20㎡)があって、標準設備はトイレ(シャワートイレ)、洗面(温水機能付き)、介護用ベッド(パラマウントベッド社製)、ナースコール、エアコン、カーテン、照明、クローゼット、スプリンクラー、TV端子、電話端子ロケットなど。クローゼットが大きめで、衣装持ちでもたっぷり収納できそうなのと、全室ではありませんが、他ではまだ珍しい「低床ベッド」の部屋もあり、といったことが印象に残りました。

 では、改めて、最後になりますが、松元政美・ホーム長のお話です。
「当施設では、スタッフが元気でないと、良い介護はできない、と考えています。ですから、まずはスタッフのコンディションが第一。派遣は使わず、社員スタッフの体調を万全に整えたうえで、元気なスタッフだからこそ実現できる“やさしい介護”を目指しています。安心・安全・清潔に気を配り、おしつけがましくなく、自然なサービスを心がけ、入居された方が、その方らしい生活を送れて、“終の住処”となり得る施設。私たちが目指すのは、そんな施設です」と語ってくれた松元さんは、「高齢者を幸せにしたい」という想いで介護の仕事を始めたそうです。ご入居者にとってアズハイムが「家」であるように、松元さんにとっても「家」だとはっきり言う芯の強さが印象的で、こういうホーム長がいる施設なら信頼できそうな気がします。

 といったところで、取材レポートはこれにて終了。「アズハイム杉並井草」をお訪ねの際は、前述の「4つのポイント」を予めしっかりと頭に叩き込んでから、お出かけください。(了)

元気なスタッフだからこそ実現できる“やさしい介護”
低床ベッド
元気なスタッフだからこそ実現できる“やさしい介護”
松元政美ホーム長
元気なスタッフだからこそ実現できる“やさしい介護”
杉並区立井草森公園

老人ホーム・介護施設探しは「老人ホーム相談プラザ」で
老人ホーム相談プラザは、老人ホームや高齢者住宅などの介護施設などに特化した介護施設検索サイトです。神奈川県の市区町村から老人ホーム・介護施設などを、ご希望の条件にあわせて検索することができます。神奈川県の特定のエリアだけでなく、複数のエリアを横断した検索や、料金、特徴、取り扱いできる病状など様々な検索方法で老人ホームや介護施設を見つけることができます。無料で資料請求・電話相談も可能。
  1. 老人ホーム相談プラザトップ
  2. 取材レポート
  3. 介護付き有料老人ホーム「アズハイム杉並井草」(株式会社アズパートナーズ)《後編》
まずはプロにご相談ください!