1. 老人ホーム相談プラザトップ
  2. 取材レポート
  3. 介護付有料老人ホーム「クロスハート石名坂・藤沢」 (社会福祉法人 伸こう福祉会)《後編》
2019年05月20日

介護付有料老人ホーム「クロスハート石名坂・藤沢」 (社会福祉法人 伸こう福祉会)《後編》

特長その2:ラウンジから望む、色とりどりの「薔薇」が自慢の庭園

 お探し介護ライターが実際に施設へ足を運んで、見て、聞いて、体験して、感じたままを報告する施設訪問レポート。介護付有料老人ホーム「クロスハート石名坂・藤沢」の後編です。


 前編では「クロスハート石名坂・藤沢」の3つの特長のうちの1つ、「天然温泉」について、源泉名から泉質、効能に至るまで取材させていただきましたので、後編は残り2つの特長について。ええっと、特長その2は何でしたっけ?藤澤さん。

「それは食堂に行けばわかりますので、ご案内しましょう」
 はいはい、行きましょう。食堂ということは、特長その2は「食事」ですね? そういえば、クロスハート・シリーズの食事は美味しいと評判ですし、前回試食させてもらった「クロスハート湘南台・藤沢」の食事も美味しかったですからね。

「ええ、食事もうちの自慢の1つであることは間違いありません。手作りにこだわり、厨房スタッフが心を込めてつくる7種類のメニューの中から、好きなものをお選びいただけます(注文は前日まで)。また、皆さん甘いものがお好きなので、手作りのホットケーキなんかも人気です。でも、それは特長の2つ目ではないんです。まあ、とりあえず行きましょう」

 と、言われて向かった食堂は、1階正面玄関から入ってすぐの扉の向こう。改装型の同施設は、普通の老人ホームでよくあるように、玄関入ってすぐのところにエントランスやロビーなどはありません。その代わりといってはなんですが、食堂が思いがけないほど広くて明るく、開放的な空間となっていて、そこがロビーの役目も兼ねているようです。食堂というよりはラウンジですね。

 取材当日もここには人がたくさんいて、活気があって、老人ホームとは思えないほど賑わっていました。ちょうどお昼どきでしたからね。奥に見える厨房の窓口には赤いテント状のヒサシもあしらって、オシャレなカフェのような雰囲気もあります。

 しかし、それは特長というほどではないかな、なんて思っていたら、「じゃあ、外に出てみましょうか」と、藤澤さんが仰るので、言われた通り外へ出ると、ああ、なるほど、と。そこに広がっているのはただの庭園ではありません。あの、お花や庭が好きな人なら憧れの「薔薇(バラ)の庭園」、つまりバラ園。気取って英語でいえば、「ローズガーデン」なんですねえ。

 もっとも、取材時はたまたまオフシーズンだったので残念ながら花はちらほらとしか咲いておらず。それでも、花なんか全然詳しくない私でも、バラ特有のトゲのある茎や葉っぱなどから、シーズンになればさぞかし色とりどりのバラの花が咲き誇る、美しい庭園となるであろうことは容易に想像できます。シーズンがいつかは知らないけど。

 そのシーズン真っ盛りのバラ園の様子を読者の皆さんにも見せたくて、後日、藤澤さんにお願いして、写真を送っていただいたので、どうぞご覧ください。

 バラの庭園は、ラウンジの中からでも十分に楽しめますが、できれは外へ出て(出入りは自由なので)、その香りや感触なども堪能されてみることをお勧めします。花や緑に囲まれた白いテーブルやチェアに座って、紅茶など嗜まれるのもいいですねえ。

 そんな優雅な、夢のような時間が過ごせそうなバラのお庭が、「クロスハート石名坂・藤沢」の2つ目の特長です。


当施設の特長その2:バラの庭園
施設から送って頂いたバラのシーズン中の写真
自慢のバラ庭園を食堂ラウンジから望む

トイレがついてないので、広々ゆったり使える居室

 というわけで、「クロスハート石名坂・藤沢」の特長その1:「天然温泉」と、特長その2:「薔薇園」を見せていただいたので、お次は特長その3、なんですが、その前に、居室やその他の設備などの紹介もしなくては。

 居室は全室個室の全81室。ですが、定員は70名。ということは、11室余ることになりますね。どうするの? と、思った方は心配ご無用。ここは短期入所生活介護・介護予防短期入所生活介護を併設、つまりショートステイ併設型の施設でして、11室はショートステイ用、とのこと。

 これは、ショートステイ先を探しておられる方や、正式に入居する前にショートステイで体験入居したい、という方なんかには重要なポイントですよ。ショートステイが可能な施設は珍しくはありませんが、意外と、ショートステイ用の部屋を設けてまで積極的にシュートステイを受け入れている施設は少ないですから。

 なので、居室設備としては、冷暖房、クローゼット、下駄箱(館内が土足ですから)、緊急時ボタン、などでその他は基本的に持ち込み(前の入居者が使っていたものがあれば使用可の場合あり)になりますが、ショートステイ用の居室にはそれらに加えて介護ベッドやテレビ、タンスなども完備。もちろん天然温泉にも入れます。身体の状態などの問題がなければ。

 実際に居室を見せてもらうと、うん、清潔感があって快適に過ごせそう。広さはこれまで取材した中では中間ぐらいでしょうか。まあ、ちょうどいい広さで収納もたっぷり。ですが、資料をみると、居室面積は13㎡。

 ん?通常はだいたい18~20㎡ぐらいですよねえ。しかし、ここは13㎡。数字でみると狭いです。でも、13㎡しかないのに、なんでこんなに広いんでしょう? と、思ってよく見ると、そうか、トイレがない。まあ、もともとは寮だった建物ですから、こればっかりはしょうがない。

 ここで、「あー、居室にトイレがないのは、ちょっと……」と、いう方もいらっしゃることと存じますが、ちょっと待った! 落ち着いて、いま一度冷静になって、考えてみてください。居室にトイレは本当に必要ですか?
 
 足が不自由などで、トイレの度に居室の外へ出るのが大変だ、という方なら仕方ありませんが、そこまででなければ、むしろトイレは居室の外にあったほうが、トイレに行くのも運動になりますし、居室から出る時間も増えますし、そのぶん居室を広く使えますし、意外にメリットは多いですよ。

 それに、利用者の皆さんが使う共用トイレは、多人数の使用を前提にした使いやすさで、個室数もたっぷり(およそ4部屋に1つ)、もちろん改装してバリアフリーもOK、ですから、私もここへ来て、「べつに居室にトイレがなくても全然いいじゃん」と、思いましたけど、まあ、私の意見はどうでもいいので、皆さんにはとにかく一度、ご見学に来られて、実際にどんなもんかを確かめていただきたい。居室にトイレがついてない、というだけで候補から外すのはもったいない、と思いますよ。

トイレがついてないので、広々ゆったり使える居室
1階食堂ラウンジ。ロビーでもある皆さんの憩いの場
トイレがついてないので、広々ゆったり使える居室
居室。居室面積は13㎡しかないのにこの広さ。
トイレがついてないので、広々ゆったり使える居室
居室にトイレがない分、収納もたっぷり。

特長その3:施設の中で流通している施設内通貨「デイポイント」

 居室以外の共用設備としては、先ほど紹介したバラ園を望む食堂、天然温泉の大浴場と個室浴槽、多人数可の共用トイレ、洗面室、洗濯室、ミニキッチン、談話室、生活相談室、健康管理室、エレベーター、スプリンクラーなど。ざっと見て回ったのですが、なんというか、全体的に、センスがいい。

 以前、「クロスハート湘南台・藤沢」を取材させて頂いたときも思ったんですが、ところどころに置かれた家具や調度品、ちょっとした置物などの一つひとつがお洒落で、アーティステックで、もとは寮だったという建物をうまくコーディネートしています。恐らく、創業者と現理事長の女性ならでは感性が、隅々まで行き届いているんでしょうね。

 また、「ペンギンルーム」や「ローズルーム」、「カモメルーム」などと称する部屋もあり、「ペンギンルーム」ならペンギンの写真やシルエットをあしらうなど、遊び心もあって、いいっすねえ。

 もう1つ、館内を巡って目に留まったのは、やたらと「宣誓書」が掲げてあること。たとえば、「私たちは身体拘束をしません」、「個人の選択を最優先したケアを行います」、「私たち、夜勤チームは、ご利用者が安心して朝を迎えられるように巡回し、急変時も夜勤職員全員が対応できるようにする(中略)」といった宣誓、あるいは、「この施設は国際規格ISO9001(品質マネジメントシステム)の認証を取得いたしております」といった審査登録証も。これは、利用者に対してのアピールと同時に、職員たちの自戒を促す効果もあるんでしょう。いいことだと思います。

 さて、館内を一通り案内していただいたところで、改めて藤澤施設長に話を伺いましょう。「クロスハート石名坂・藤沢」と特長その1:天然温泉、特長その2:バラ庭園、に続く特長その3がまだですからね。

「うちの特長その3は、“デイポイント”という施設内通貨です」
 は?何ですか、それ? 「わかりやすくいえば、“お手伝いポイント”ですね。入居者様が、配膳や掃除といった職員の仕事のお手伝いをしていただけたら、その仕事に応じてポイントがもらえて、貯めたポイントは月1回の“デイポイント交換日”に、トイレットペーパーなどの日用品に交換できる、というシステムです」

 あ、それは面白い。入居者にとっては励みになりますね。
「はい。8年ほど前からはじめましたが、大変好評です。ポイントはこんなお札のようなもの(写真)で、ちゃんと給料袋に入れて渡しますから、喜ばれますね。中には、職員がお膳を下げていると、“それは私の仕事よ!”と言ってお膳を奪う人もいるぐらい(笑)。また、お手伝いはもとより、アクテビティに参加することでもポイントをもらえますから、遊び感覚で貯められるのがいいんじゃないでしょうか」

 うーん、たとえ遊び感覚でも、もらえるのは日用品など微々たるものでも、これは立派に「労働をして報酬を得る」行為でしょう、疑似ではなく。そこには色々と深い意味合いがあると考えます。

 というのは、「クロスハート湘南台・藤沢」の項で少し触れましたが、同グループでは「老人ホームに入居した高齢者でも仕事をして、報酬を得ることができる」仕組みづくりを勧めています。その原形がここにあった!という気がして、個人的に高齢者が働くことには大賛成の私は、このお手伝いポイントに感銘さえ受けましたね。

 ここはもっと掘り下げて、根掘り葉掘り聞きたい、と思いましたが、このへんでそろそろ字数も一杯いっぱいとなりましたので、この件につきましてはまた別の機会に取り上げることにして、最後に、藤澤施設長から締めのお言葉をいただきましょう。

「とにかくアットホームで、まるで自分の家庭にいるかのような感覚になれる施設なので、どなたでも気軽にお越しください。主役は利用者様です。私たちはそれを斜め後ろから見守り、影でしっかり支え、安心・安全に生活できるよう頑張るだけ。そう思って毎日を過ごしています」

 いかがでしょうか。まだ若いながらもしっかりした施設長がいて、「天然温泉」「バラ園」「お手伝いポイント」という3つの特長を持つ「クロスハート石名坂・藤沢」。ショートステイ併設で、食事の美味しさも折り紙付き。ぜひ一度、実際に足を運んで、お確かめください。

特長その3:施設の中で流通している施設内通貨「デイポイント」
共用トイレ。およそ4人で1つを使えてバリアフリーも完備。
特長その3:施設の中で流通している施設内通貨「デイポイント」
施設内で流通している通貨「デイポイント」。日用品と交換できる
特長その3:施設の中で流通している施設内通貨「デイポイント」
藤澤祐人施設長。優しそうな感じの人。

老人ホーム・介護施設探しは「老人ホーム相談プラザ」で
老人ホーム相談プラザは、老人ホームや高齢者住宅などの介護施設などに特化した介護施設検索サイトです。神奈川県の市区町村から老人ホーム・介護施設などを、ご希望の条件にあわせて検索することができます。神奈川県の特定のエリアだけでなく、複数のエリアを横断した検索や、料金、特徴、取り扱いできる病状など様々な検索方法で老人ホームや介護施設を見つけることができます。無料で資料請求・電話相談も可能。
  1. 老人ホーム相談プラザトップ
  2. 取材レポート
  3. 介護付有料老人ホーム「クロスハート石名坂・藤沢」 (社会福祉法人 伸こう福祉会)《後編》
まずはプロにご相談ください!