1. 老人ホーム相談プラザトップ
  2. 取材レポート
  3. 介護付有料老人ホーム「敬老園 ナーシングヴィラ東船橋」(宗教法人 阿弥陀寺) 《前編》
2019年11月26日

介護付有料老人ホーム「敬老園 ナーシングヴィラ東船橋」(宗教法人 阿弥陀寺) 《前編》

宗教法人が運営する介護付有料老人ホーム

 お探し介護ライターが実際に施設へ足を運んで、見て、聞いて、体験して、感じたままを報告する施設訪問レポート。今回は介護付有料老人ホーム「敬老園 ナーシングヴィラ東船橋」を訪ねました。



 タイトルを見ただけでお気付きの方もいらっしゃると思いますが、今回登場の「敬老園 ナーシングヴィラ東船橋」の運営は、「宗教法人 阿弥陀寺」。つまり今回は、これまで取材した中では初めての“宗教法人が運営する老人ホーム”であり、それが最大の特徴といえます。

 とは申し上げたものの、もしかしてだけど、言葉使いにうるさい人からすると語弊が生じる心配がなきにしもあらず、なので、正確を期して言い換えると、“宗教法人が事業主体となる老人ホーム”ですね、正しくは。「宗教法人 阿弥陀寺」はあくまで“事業本体(または事業母体)”であって、実際に“運営”しているのは「敬老園」という社会福祉法人。

 なんですが、「敬老園」という名称は、パンフレットや資料をみると施設名称に含まれるようですし、宗教法人がやっている(運営ではなくても事業本体として関わりがあることには違いないですから)施設としたほうがインパクトあるので、タイトルにはあえて「宗教法人 阿弥陀寺」の名を出した次第。差し支えなければご了承いただけると幸いです。

 あ、宗教法人だからといって、信者じゃないと入居できないとか、入居したら勧誘されるんじゃないか、とか、そういう心配は要らないですからね。「阿弥陀寺」は浄土真宗ですが、同寺が運営する霊園には宗派を問わず誰でも建墓できますし、「敬老園」をはじめとする福祉施設だって同じく、誰でもウエルカムです。宗教や宗派に関係なく、お年寄りを大切に、皆んな仲良く和、感謝の心、真心奉仕。どなた様も安心してお越しください。

 その「宗教法人 阿弥陀寺」ですが、お寺ですから霊園事業(かなりの規模のようです)を手がけているのはわかるとしても、その他に教育事業として「学校法人 阿弥陀寺教育学園」や「学校法人 宇野学園」といった専門学校や幼稚園・保育園などを数多展開。さらに、「敬老園」をはじめとする福祉関連施設も多数抱えており、じつはかなりの巨大組織のよう。まあ、地元では誰もが知る存在なんでしょうね、きっと。

 このうち、霊園事業や教育事業については本題から逸れるので詳細は省きますが、「宗教法人 阿弥陀寺」が運営、じゃなかった、事業本体となっている福祉関連施設については、本題に関わるので、できるだけ詳しく説明していきますが、その前に。

 「敬老園」は、社会福祉法人であるとともに、「公益社団法人 全国有料老人ホーム協会」と「一般社団法人 全国介護付きホーム」の正会員でもあることも一応、申し添えておきます。パンフレットにもしっかり記載されていますし、大事なことかもしれないので。

 「全国有料老人ホーム協会」は、有料老人ホーム利用者の保護とホームを設置・運営する事業者の健全な発展を図ることを目的に設立された老人福祉法第30条に規定されている内閣府認定の公益社団法人。片や、「全国介護付きホーム協会」は、特定施設事業者を代表し、介護報酬改定等における行政折衝を担い最新の制度の動向等を速やかに皆様にお伝えしていく団体のこと。

 要するに、「ご入居者様の安全・安心を最優先に運営する事業体」として、健全な活動をしていますよ、というお墨付きですね。この2つの協会については、私は今回初めて知りましたけど、その正会員であるということは、「敬老苑ナーシングヴィラ東船橋」は健全に運営されており、いざという時でも利用者の保護は大丈夫、と、安心していいんじゃないでしょうか。

玄関入るとすぐ食堂。食事時は賑やか。
玄関から右手に続く廊下。病院っぽい。
③廊下の横幅は病院と同じだそう。ますます病院っぽい。

32年の実績を誇り、千葉県を中心に9ヶ所の介護付有料老人ホームを運営

 「敬老園」は、「宗教法人 阿弥陀寺」を事業母体として有料老人ホーム事業を開設して以来32年、千葉県内7カ所の他、東京武蔵野、北海道札幌を加え、現在まで9施設を“健全”経営しています。

 9施設でしたら書けないこともないので、全部挙げてみましょう。まずは今回取材させていただく「敬老園 ナーシングヴィラ東船橋」(船橋市駿河台2-29―29/要支援・要介護)を筆頭に、「敬老園 サンテール千葉」(千葉市中央区仁戸名町682番地70/自立)、「敬老園 ロイヤルヴィラ東京武蔵野」(武蔵野市西久保3―2―3/自立・要支援)、「敬老園 ロイヤルヴィラ・ナーシングヴィラ八千代台」(八千代市八千代台北15―19―27/自立・要支援・要介護1,2)、「敬老園 ロイヤルヴィラ稲毛」(千葉市稲毛区園生町146/自立・要支援・要介護)、「敬老園 ロイヤルヴィラ矢作台」(千葉市中央区矢作町941―22/自立・要支援・要介護)、「敬老園 ロイヤルヴィラ大綱白里」(千葉県大綱白里市四天木乙2574―24/自立・要支援・要介護)、「敬老園 ロイヤルヴィラ札幌」(北海道札幌市西区西野10条6丁目2―20/自立・要支援・要介護)、「敬老園 ナーシングヴィラ浜野」(千葉市中央村田町41―1/要支援・要介護)で全9施設。分類としては、「サンテール」がほぼ完全に自立されている方向け、「ロイヤルヴィラ」が自立と要支援&要介護の混在型、「ナーシングヴィラ」が要支援&要介護の方向け、となっています。「ナーシング」は看護師がいる、という意味での命名でしょうね、多分。

 その他、「敬老園」以外にも、特別養護老人ホーム「誉田園」、介護老人保健施設「うぐいす園」、ケアハウス「誉田園」、精神障害者社会復帰施設「こころの風 元気村」、デイザービス「はなみずき」を千葉市緑区で、介護老人保健施設「船橋うぐいす園」を船橋市高根町で、デイサービスセンター「やはぎ」を千葉市中央区で展開しています。かなり手広く展開されていますね。

 「敬老園」の第一号園「ロイヤルヴィラ稲毛」の開園は、昭和62年(1987年)。以来、32年の実績というわけですが、「ナーシングヴィラ東船橋」の開園は平成6年(1994年)。今年で設立25周年を迎えました。そして平成12年(2000年)、介護保険制度導入年に介護保険事業所の指定を受けました。

 つまり、「ナーシングヴィラ東船橋」やその他の施設は介護保険制度が導入される前からすでに運営されていた、ということ。この業界は平成12年の介護保険制度の導入でがらっと変わった、とよく言われており、それ以降に参入してきた業者も多いのですが、そんな新規参入組や他分野からの進出組とはわけが違います。介護保険制度が導入される前からこの業界で着実に実績を積み重ねてきた「敬老園」。その経験とノウハウの蓄積は何ものにも代え難い財産として、利用者の信頼感にもつながっています。

 こうしてみると、「敬老園 ナーシングヴィラ東船橋」は、地域に根ざした宗教法人が事業母体であることの安心感、「公益社団法人 全国有料老人ホーム協会」や「一般社団法人 全国介護付きホーム」の正会員であることの安心感、そして、32年の実績による信頼感、と、安心や信頼の材料がなにかと多い施設であることに気がつきますね。「ゆとりと安心に満ちた、充実した日々を」過ごすための施設。それが「敬老園 ナーシングヴィラ東船橋」です。

32年の実績を誇り、千葉県を中心に9ヶ所の介護付有料老人ホームを運営
廊下にむき出しの機能性を優先した洗面台
32年の実績を誇り、千葉県を中心に9ヶ所の介護付有料老人ホームを運営
こんな車椅子もあるんですねえ。
32年の実績を誇り、千葉県を中心に9ヶ所の介護付有料老人ホームを運営
入居者の作品を飾る掲示板。老人ホームらしい一角。

JR総武線「東船橋駅」北口より、新京成バス「飯山満行」乗車、「駿河台」下車徒歩約5分

 では、いざ、「敬老園 ナーシングヴィラ東船橋」へと参りましょう。最寄駅はJR総武線「東船橋駅」。北口から新京成バス「飯山満行」乗車、「駿河台」バス停下車、徒歩約5分。とはパンフレットより。気になるのは「東船橋駅」から「駿河台」バス停までどれぐらい時間がかかるか、ですが、すいません、じつは取材当日、遅刻しそうになってタクシーを使ってしまいまして、帰りもクルマで送ってもらったので、バスの時間はわかりませんでした。

 でも、まあ、タクシー代は730円で済んだので、もしかしたら歩いてもいけるぐらいの距離かもしれません。そう思って改めてパンフレットをみると、JR東船橋駅北口下車、徒歩15分(1200m)とありました。アクセスは良いようです。

 ちなみに、タクシーの運転手さんに「ナーシングヴィラ東船橋」と言ってもわかりませんでしたが、住所を言うと、「ああ、敬老園ですね」と一発了解。この辺りでは「ナーシングヴィラ」というよりも「敬老園」のほうが通りがいいようです。参考までに。

 そんなこんなで時間ギリギリに到着した「敬老園 ナーシングヴィラ東船橋」。いや、ウソはいけませんね。じつは「東船橋駅」北口にタクシー乗り場があったのですが、午前中だったからかタクシーは停まっておらず、どうしたもんかと考えているうちに1台来たからよかったものの、その少し待ったぶん約束の時間よりも若干遅れてしまいました。対応してくださった渡邉さん、すいませんでした。

 というわけで、到着してタクシーを慌てて降りて、急いで館内へ飛び込んだので、「ナーシングヴィラ東船橋」の建物はその場ではよく見てないのですが、改めて写真をみると、わりとカチッとした福祉施設らしい、というか、どちらかというと病院に近い、そんな感じの建物ですね。

 最近はなるべく老人ホーム色を出さないためか、一見すると高級マンションにしか見えない建物だったり、あるいはどこかのリゾート地にある施設のような建物だったり、とにかく老人ホームとはわからないような施設が増えている中、こちらは公共の福祉施設であることがわかりやすい、きっぱり白が基調の鉄筋コンクリート造・地上2階建て。敷地面積2027㎡、建物の延床面積1992.47㎡。と、数字を出されてもピンと来ないとは思いますが、まあ、比較的広めの施設ですね。

 中へ入れば、外観からも少し感じる病院っぽい感じがますます強くなります。それもいきなり。というのは、玄関入ってすぐ目の前に広がるのが食堂でして、それがもう、車椅子に長テーブルといい、配膳用ワゴンといい、そして忙しそうな看護師さんの姿といい、いかにも病院の食堂のような雰囲気。訪ねたのがちょうど昼時で皆さんワイワイガヤガヤと、活気があっていいですなあ。

 そのやたらと目につく、もとい、スタッフの中でも目立っている看護師さんたちも同施設の特色の1つ。というのも、「敬老園 ナーシングヴィラ東船橋」では、常勤看護師5人、非常勤看護師4人、と、他の老人ホームでは見られないほどの看護体制を整え、普段の健康管理はもちろんのこと、定期受診・緊急受診の際、また訪問医のドクターが来られたときにも付き添ってくれますので、安心です。おっと、また1つ、安心材料が増えましたね。

 看護師が多く在籍し、医療依存度の高い方や将来的に不安を抱かれている方にも安心の体制。また、船橋市内の9つの医療機関と協力医療契約を結んでおり、さらに、近隣の大半との病院との医療連携もとれています。さすが、「ナーシング」を名乗るだけのことはありますね。と、このへんで文字数一杯となりましたので、前編は終了させていただいて、続きは後編で――。

JR総武線「東船橋駅」北口より、新京成バス「飯山満行」乗車、「駿河台」下車徒歩約5分
居室例。ベッドとキャビネットは備え付け。
JR総武線「東船橋駅」北口より、新京成バス「飯山満行」乗車、「駿河台」下車徒歩約5分
老人ホームでは珍しい相部屋(4人部屋)。仕切りはカーテンのみ。
JR総武線「東船橋駅」北口より、新京成バス「飯山満行」乗車、「駿河台」下車徒歩約5分
わかりにくいけど健康管理室。看護師さんが常駐。

老人ホーム・介護施設探しは「老人ホーム相談プラザ」で
老人ホーム相談プラザは、老人ホームや高齢者住宅などの介護施設などに特化した介護施設検索サイトです。神奈川県の市区町村から老人ホーム・介護施設などを、ご希望の条件にあわせて検索することができます。神奈川県の特定のエリアだけでなく、複数のエリアを横断した検索や、料金、特徴、取り扱いできる病状など様々な検索方法で老人ホームや介護施設を見つけることができます。無料で資料請求・電話相談も可能。
  1. 老人ホーム相談プラザトップ
  2. 取材レポート
  3. 介護付有料老人ホーム「敬老園 ナーシングヴィラ東船橋」(宗教法人 阿弥陀寺) 《前編》
まずはプロにご相談ください!