1. 老人ホーム相談プラザトップ
  2. 取材レポート
  3. 介護付有料老人ホーム「八王子同友会 長寿の森」(医療法人社団 同友会) 《前編》
2019年12月28日

介護付有料老人ホーム「八王子同友会 長寿の森」(医療法人社団 同友会) 《前編》

60年の歴史と年間60万件超の検査実績を誇る「医療法人社団 同友会」が運営する介護付有料老人ホーム

 お探し介護ライターが実際に施設へ足を運んで、見て、聞いて、体験して、感じたままを報告する施設訪問レポート。今回は介護付有料老人ホーム「八王子同友会 長寿の森」を訪ねました。



 「八王子同友会 長寿の森」の運営元は、「同友会」という医療法人です。いや、正確にいえば、医療法人社団、なんですが、医療法人は医療法人社団と医療法人財団とに大きく分けられ――って、説明しだすと長くなるので止めときまして、ここでは単に“医療法人”としておきましょう。

 言い直しますと、「八王子同友会 長寿の森」は、「同友会」という医療法人が運営する介護付有料老人ホームであり、それが特徴の1つでもある。と、いうわけですが、医療法人が運営する老人ホームというのは、これまでも当お探し介護・取材レポートに何度か登場しています。だから、さほど珍しいもんでもないかな、と思いきや、ちょっと待った!

 私、寡聞にして知らなかったのですが、この「医療法人社団 同友会」というのがですね、じつは、業界ではかなり有名らしいんです。頂いた資料に紹介文があったのでそのまま引用します。

「医療法人社団 同友会は1959年に創立され、70年に集団検診事業を開始、71年に江東区三好に旧・同友会病院『現・深川クリニック』を開設しました。その後も予防医学の輪を広げるため74年に文京区の春日に『春日クリニック』(宿泊ドック・脳ドック・精密検査・専門外来等)90年に『春日クリニック第二』(日帰りドック・各種施設健診)を開設、2013年『春日クリニック』『春日クリニック第二』を1箇所に統合し現在に至っております。2017年より有料老人ホーム『八王子同友会・長寿の森』の運営を継承し、医療、健康管理、老人福祉に取り組み、同友会グループの老友新聞社が発行する日本老友新聞などを通じて、医療と福祉の両面で社会に貢献しております」

 そして現在、品川、春日、深川にあるクリニックで施設検診に人間ドック、精密検査や専門外来の特別ドックを、新座、松戸の診療所や横浜クリニックでは巡回健診を、その他医療機器販売や「老友新聞」の発行などなど、幅広く展開。伝統・実績・進取で真の健康生活を見つめる同友会グループの詳細は、ホームページ(http/www.do-yujai.com)をご覧ください。

 そうした60年の歴史を持ち、年間60万件超の検査実績を誇る「同友会」が運営する介護付き有料老人ホーム、それが「八王子同友会 長寿の森」です。

「八王子同友会 長寿の森」外観。1階は「同友会八王子診療所」入口
風格ある門を過ぎると左手に「同友会八王子診療所」。奥に進めば駐車場。
6階建A棟の威風堂々の外観。

「解優」(憂いを解き、あらゆる痛みを和らげる)を社是とする同友会グループ

 ちなみに「同友会」は、『解憂』(かいゆう)を社是としています。『解憂』とは、「人類の持つ憂いを解き、あらゆる痛みを和らげるべく、積極的な強い意思で行動する」こと。出典は孟子巻第九。あらゆる苦しみ、悩み、悲しみ、病気や死への不安、恐怖から解き放ち、痛みを和らげるために存在する同友会グループの『解憂』精神の対象は、全人類です。気宇壮大な理想がここにあります。

 そして、職員はすべからく『解憂』を精神的支柱として行動すべし、とする同友会グループの企業理念は、『知行合一』。その意味は、「知は行うの始め、行は知の成るなり」、すなわち、知識や議論だけではなく、それに基づいた敏速なる実行を最優先すること。実際に行動に移すことに意義がある、ということで、『解憂』の精神を医療、予防医学、高齢福祉等の場を通して実現するとともに、具体的な実践を通して「一人でも多くの命を救うことによって世の中の為に尽くす」。そうした使命感を共有しているのが、同友会グループです。

 さらに、『解憂』の精神を知るため、『知行合一』という企業理念を実現するために、同友会グループの全職員に定められた日常の行動規範として、1)自己の良心に恥じない行動をする。2)お客様第一主義を貫く。3)仕事を通して人格を磨く。4)常に勉強し実践に役立てる。5)和を尊び、仲間への思いやりの心を大切にする。という5つのルールがあるんですが、これ以上は長くなるので割愛。あんまり同友会の説明ばかりでもしょうがないので、詳細は同友会のホームページをご覧いただくとして、とっとと「八王子同友会 長寿の森」へと参りましょう。

 最寄駅は、JRまたは京王「八王子」駅。いや、正確にいえば、JR五日市線「武蔵増戸」駅というもっと近い駅がありまして、そこからタクシーで約5分(約3km)ですから、ほんとの最寄駅といえばそこなんですが、そのJR五日市線がですね、なんというか、沿線にお住まいの方には失礼ながら、首都圏や神奈川方面から行くにはあまり便利がよろしくない。というわけで、JR五日市線を利用されたほうが便利な方以外は、JRまたは京王「八王子」駅が最寄駅と思っていいでしょう。

 「八王子」駅なら、京王線特急に乗れば新宿まで約34分。JR中央線中央特快利用で新宿まで約40分、東京まで約53分。都心とダイレクトに結ばれています。横浜だって、JR横浜線快速利用で約48分。アクセスは良好です。

 ただし、「八王子」駅からは距離にして約11kmありますから、まあ、歩くのはほぼ無理でしょう。駅からの交通手段はバスかタクシー、ということになります。私は気軽にタクシーを使える身分でもないので、バスしかないかなあ、と思ってホームページを見たら、おお、なんと、「八王子」駅および「秋川」駅から専用の送迎バスがあるじゃないですか。

「解優」(憂いを解き、あらゆる痛みを和らげる)を社是とする同友会グループ
広い駐車場の奥に位置する正面玄関。
「解優」(憂いを解き、あらゆる痛みを和らげる)を社是とする同友会グループ
正面玄関入ってすぐの広大なロビー。左手にフロント。
「解優」(憂いを解き、あらゆる痛みを和らげる)を社是とする同友会グループ
ロビーの隅にある憩いのコーナー。別に喫茶コーナーもあり。

JR・京王「八王子」駅・「秋川駅」より専用ホーム送迎バス定期運行

 こりゃ、ありがたい。取材当日はこれを使わせてもらおう、と、勇んで降りたJR「八王子」駅。だけど、こういうのはよくよくきちんと調べていかないとダメですね。肝心の専用送迎バスの乗車場がうろ覚えだったせいで、ちょっと迷って、ここかな、と思ったところにそれらしきバスの影もなし。どうやら乗り遅れてしまったようです。

 専用送迎バスの乗車場は、JR「八王子」駅なら北口を出て右手に進み、「京王プラザホテル」と「JTB」の間。京王「八王子」駅なら中央出口を出て右手に進み、道路を渡って「多摩信用金庫」の前。と、説明すると簡単のようですが、土地勘がない人はわかりにくいと思います。路線バスみたいにバス停があるわけではないので。

 なので、専用送迎バスをはじめて使う、という方はホームへ連絡すれば、じつにわかりやすい交通案内を送ってくれますので、事前にそれを入手することをおすすめします。私も取材後にいただいたのですが、大変わかりやすくて、専用送迎バスの時刻表も記載されていて、しまった、これを先にもらっておくべきだった、と後悔しましたから。

 で、話を取材当日に戻しまして、専用送迎バスに乗り遅れた私、仕方がないので路線バスへ。バスならJR・京王「八王子」駅より西東京バス「上川霊園」行乗車、「同友会ホーム前」バス停下車。ちゃんとホーム前というバス停があるんですねえ。

 JR・京王「八王子」駅からはもう1つ、同じく西東京バスで「川口経由武蔵五日市駅」または「今熊」行という経路もありまして、こちらに乗車した場合は「田守神社前」バス停下車、徒歩約3分、です。

 バスの乗車時間は約40分。ですが運行本数がさほど多くはないので、発車時刻も事前に調べておいたほうがいいですね(ホームへ連絡すれば路線バスの時刻表も送ってくれます)。というのも取材当日、専用送迎バスに乗り遅れた時点では約束の時間まであと1時間ありましたから、まあ、大丈夫だろう、と思ったらとんでもない。慌てていたから確認しなかったけど、恐らく30分以上過ぎの大幅遅刻となってしまいました。対応してくださった山田将人さん、誠に申し訳ありませんでした。また、遅れる旨を電話で伝えた際、「どうぞごゆっくりお越しください」と温かいお言葉をいただき、ありがとうざいました。

 ちなみにクルマだと、中央道八王子ICより約11km(約20分)、圏央道あきるのICより約5km・圏央道八王子西ICより約4km(約10分)。また、八王子方面へは約30分、あきるの方面へは約10分。クルマがあれば快適ですね。

 もう1つちなみに、これも行く時は知らなくて、帰りに送っていただいた時にわかったんですが、「八王子同友会 長寿の森」のすぐ近くには「東京サマーランド」があります。時々テレビCMもやっているのでご存知の方も多いでしょう。あの有名なプール(と言っていいのかな?)の近く、といえば、ああ、あの辺ね、と思い当たる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 というわけで、まるで旅行にでも来たかのように長い時間バスに乗って、約束の時間もとうに過ぎて焦りながら「同友会ホーム前」バス停で降り、急いで向かった「八王子同友会 長寿の森」。その外観は――といったところで前編は終了。続きは後編で。

JR・京王「八王子」駅・「秋川駅」より専用ホーム送迎バス定期運行
B棟1階の食堂・1階なのに見晴らしの良い眺望が自慢。
JR・京王「八王子」駅・「秋川駅」より専用ホーム送迎バス定期運行
当日の昼食メニュー。メインのおかずは2種類から選べる。
JR・京王「八王子」駅・「秋川駅」より専用ホーム送迎バス定期運行
ご飯は普通、やわらかめを選んでセルフで。

老人ホーム・介護施設探しは「老人ホーム相談プラザ」で
老人ホーム相談プラザは、老人ホームや高齢者住宅などの介護施設などに特化した介護施設検索サイトです。神奈川県の市区町村から老人ホーム・介護施設などを、ご希望の条件にあわせて検索することができます。神奈川県の特定のエリアだけでなく、複数のエリアを横断した検索や、料金、特徴、取り扱いできる病状など様々な検索方法で老人ホームや介護施設を見つけることができます。無料で資料請求・電話相談も可能。
  1. 老人ホーム相談プラザトップ
  2. 取材レポート
  3. 介護付有料老人ホーム「八王子同友会 長寿の森」(医療法人社団 同友会) 《前編》
まずはプロにご相談ください!